派遣の在籍確認

派遣の人が抱える在籍確認の問題

派遣で働いている人は、稀にキャッシング審査での在籍確認がクリアできないことがあります。キャッシング審査に申し込みをすると、原則として職場に在籍を確認するための電話がかかってきます。正社員の場合なら、名前を覚えられていないということはないでしょうから、あっさりクリアできるでしょう。しかし、電話をうけた事務担当の人が、派遣社員の名前を全員分把握しておらず、「そのような人はおりませんが」などと答えてしまうと、在籍確認をクリアできません。

 

事務担当の人と円満なコミュニケーションがとれているなら、「クレジットカードに申し込みをしましたので、連絡がくるかもしれません」などと伝えておくことで、問題は解決します。しかし、必ずしも円満なコミュニケーションがとれているとは限りませんし、そのようなことが言い出しづらいということもあるでしょう。

 

1つの解決策として、登録をしている派遣会社にお願いしてみるということがあげられます。しかし、勤務先情報には原則として、実際に働いている職場の情報を記入することが必要なので、あまりおすすめはできない方法です。

 

もう1つの解決策としては、給与明細や社会保険の健康保険証など、在籍を確認できる書類を提出することで、勤務先情報に嘘がないということを証明することです。大手の消費者金融などでは、給与明細や社会保険の健康保険証を提出すれば、勤務先に連絡がいかないということがあるようです。いずれにしても、金融機関に相談をしてみることがおすすめです。