信用情報に傷

信用情報に傷をつけてしまうケース

クレジットカードの申し込みを行う時など、必ず審査が行われることになります。

 

クレジットカードにはショッピング枠と呼ばれている買い物やレストランで食事をした時の支払いをキャッシュレスで行う事が出来る機能と、お金を借りる事が出来るキャッシング枠の2つが在りますが、どちらもお金を貸す側にとって申し込みする人が信用できる人物なのか、貸したお金をきちんと利息を合わせて支払ってくれるのかと言った判断をしなければなりません。

 

信販会社、消費者金融、銀行と言った具合にそれぞれ異なる信用情報機関に登録を行っており、個人信用情報と呼ばれているデータベースが申し込み者の信頼性を確認する指標になっているのが特徴です。

 

また、この情報と言うのは個人を特定する事が出来るもので、過去に借金をしていた人が毎月遅延する事無く返済を行っていたか否かを確認する事も出来るのが特徴です。

 

お金を借りるための申込みを行うと、個人信用情報が照会されることになり、融資を実行する事で記録が行われる事になります。

 

仮に、返済を1日でも遅れると遅延として保存され、延滞を起こしてしまうと延滞の記録が残る事になります。

 

また、自己破産や個人再生手続きなどの債務整理は裁判所を通じて行われ、官報に掲載されることでブラックリストの状態になるのが特徴です。

 

また、ローンの利用だけではなく、申し込みをする度に、申し込み記録が残る事になり、短期間に複数の申込みをする事で、申し込みブラックと呼ばれている状態になり、情報自体に傷をつけてしまう事になるので注意が必要です。