カードローンの銀行と消費者金融の違い

カードローンの銀行と消費者金融の違い

カードローンを提供している会社には、銀行と消費者金融がありますが、似たような金融商品でも、厳密にはまったく違うものなのです。消費者金融などいわゆるノンバンクと呼ばれる会社は、貸金業法によって営業しています。貸金業法には総量規制という決まりがあり、年収の3分の1以上の融資を禁止しています。この制限は貸金業法で営業しているすべての会社からの借入額なので、複数の会社でキャッシングをしている場合でも合計金額によって判断されます。銀行にはこうした制限がないため、住宅ローンなど年収の何倍もの貸し出しをすることが可能となっており、これが決定的な違いでしょう。総量規制にも一部例外がありますが、普通に利用している場合は年収の3分の1以上の借り入れはできません。
ただしカードを持っていても利用していなければ、年収の3分の1以上の限度額を持つことは可能です。しかし利用して届け出ている年収の3分の1以上の借り入れがあることがわかると、ただちにカードが停止になってしまうリスクがあります。金融機関は定期的に個人の信用情報を確認する「途上与信」という作業を行っています。ノンバンクで借り入れをする場合は、どこの会社がどっちの法律で規制されており、現在の借入金額がいくらあるかを意識しながら利用しなくてはなりません。収入証明書を提出していない場合でも他社の借金額を把握することができますので、場合によっては提出をお願いされることもあります。